「所有者不明土地問題」をテーマにワークショップ

(公社)日本不動産学会は、日本大学経済学部7号館(東京都千代田区)でワークショップ「所有者不明土地問題を考える」を、27日に開催する。

 前・大槌町副町長、現・国土交通省都市局企画専門官の水木敏弘氏、慶應義塾大学法法科大学院教授の松尾 弘氏、日本司法書士会連合会副会長の櫻井 清氏らが講演や報告を実施。同学会常務理事で政策研究大学院大学教授の福井秀夫氏をコーディネーターに、所有者不明土地問題について、学際的、実務的、政策的な議論・検討を行なう。

関連記事

路線価、2年連続の上昇/国税庁

国税庁は3日、平成29(2017)年分の路線価を発表した。  標準宅地の評価基準額の対前年変動率は、全国平均で0.4%(前年:0.2%)と2年連続で上昇した。  都道府県別で見ると、首都圏1都3県のほか北海道、宮城県、京 […]

詳細を見る