不動産仲介士試験、10月2日から受験申込受付

NPO法人日本レジデンシャル・セールスプランナーズ協会は、同協会認定資格「不動産仲介士」の17回目となる認定試験(12月7日開催)の受験申込受付を、10月2日から開始する。

 「不動産仲介士」は不動産流通に携わる実務者の能力向上を支援し、認定するもの。大手不動産流通会社実務者による監修委員会が試験問題を作成。宅建業法、都市計画法などの関連法規からコンプライアンス、ビジネスマナー、コミュニケーション、プレゼンテーションなどの営業知識まで幅広い範囲から60問出題(4択マークシート)される。

 申込受付は、10月2日~11月2日まで。受験料は1万円。試験会場は全国4ヵ所。問い合わせは、同協会(03-3527-9801)まで。

関連記事

(株)LIXILはこのたび、「20代~60代の女性500人に聞く、室内の湿気に関する意識と実態調査」の結果を発表した。全国の20代~60代の女性500人(各年代100人ずつ・一戸建て269人、マンション231人)を対象と […]

詳細を見る

「新築そっくりさん」で古民家再生。地方再生支援プロジェクトを開始/住友不動産

住友不動産(株)はこのほど、同社の事業ノウハウを活用した地方再生支援を開始。第1弾として、福島県磐梯町の“まちなみ再生”に着手した。    同事業は、同社の主力事業である戸建一棟丸ごとリフォーム「新築そっくりさん」事業で […]

詳細を見る