不動産投資、新規参入者の5人に1人が「マイナス金利」きっかけ/ファーストロジック調査

(株)ファーストロジックは5日、「2016年不動産投資に関する意識調査」結果を発表した。同社が運営する不動産投資サイト「楽待」を利用したことがある不動産投資家を対象に、7月22~26日の期間、インターネットでアンケートを実施。回答数は1,102名。

 「不動産投資を始めるきっかけ」について聞くと、投資歴1年未満のうち5人に1人(18.5%)が「マイナス金利」と回答。そのほか、「アベノミクスに よる景気回復」(5.6%)、「東京五輪開催の決定」(4.3%)など、景気へのプラス要素を考えて始めた人が一定数いることが分かった。

 投資歴に関係なく、「書籍」から不動産投資を知った人は40%超。比較すると、投資歴1年未満は「不動産ポータルサイト」(13.9%)、「投資家のブログ」(8.1%)など、インターネットを通じて知った割合が高かった。

 不動産投資を始めた1番の目的は、投資歴に関係なく「資産拡大のため」が30%超でトップに。投資歴1年未満は「年金代わりの収入を確保したい」(25.6%)という回答が、投資歴1年以上は「自由な時間を確保したい」(26.4%)が、次いで多かった。

 物件を探し始めた頃と現在の市況の変化については、投資歴に関係なく半数近くが「物件価格が上がった」と回答。また、「融資が受けやすくなった」と回答 した人は「融資が受けづらくなった」より多く、特に投資歴1年以上では5倍もの差が生じており、金融機関が収益物件の融資に積極的な状況であることもうか がえた。

関連記事

木材をふんだんに使った戸建てを拡販へ

製材やプレカット加工、不動産業などを手掛ける(株)長谷川萬治商店の関連会社で、建設業等を展開する(株)長谷萬(東京都江東区、代表取締役執行役員社長:長谷川 健治氏)は、木材をふんだんに使った注文住宅ブランド「木育の家」の […]

詳細を見る

フラット35金利、7月は横ばい

(独)住宅金融支援機構は3日、取扱金融機関が提供する「フラット35」(買取型)の7月の適用金利を発表した。  借入期間21年以上(融資率9割以下)の金利は、年1.090%(前月比0.000%)~1.640%(同0.000 […]

詳細を見る