住宅リフォーム工事、受注件数95.6%増/国交省調査

国土交通省は12月27日、2016年度上半期の建築物リフォーム・リニューアル調査結果を発表した。16年4月1日~9月30日を元請けとして受注した増築、改築、改装などの工事を対象に、受注高や各月最初に受注した個別工事内容などを建設業許可業者5,000者を対象に調査した。

 調査期間中の建築物リフォーム・リニューアル工事の受注高は7兆6,137億円(前年同期比27.1%増)。このうち住宅は3兆1,291億円(同50.5%増)と大幅に増加、非住宅建築物は4兆4,846億円(同14.7%増)となった。

 住宅のリフォーム・リニューアル工事の受注件数は317万4,222件(同95.6%増)と大幅増に。目的は「劣化や壊れた部位の更新・修繕」が281万3,214件(同109.5%増)、「省エネルギー対策」が10万3,985件(同45.3%減)、「高齢者・身体障害者対応」が5万5,958件(同62.2%減)などとなった。

関連記事

建築確認交付・申請件数とも増加

 国土交通省は21日、2016年4~6月分の建築確認件数等および構造計算適合性判定を要する物件に係る確認審査日数の状況を発表した。  同期間の建築確認交付件数は14万5,326件(前年同期比5.1%増)、建築確認申請件数 […]

詳細を見る