次世代の管理システムとなるか

積水ハウス(株)は4月、ブロックチェーン技術を利用した不動産情報管理システムを構築すると発表した。
 ブロックチェーン技術は、ビットコインなどの仮想通貨で用いられている技術で、今回のシステム構築は、ビットコイン取引所国内最大手でブロックチェーンの開発を手掛ける(株)bitFlyerと共同で実施。bitFlyerが開発した次世代ブロックチェーンの「miyabi」、および「スマートコントラクト」の仕組みを利用する。
 ブロックチェーンはどういう仕組みでどんなメリットがるのか、同社はブロックチェーンを用いてどういうシステムをつくろうとしているのか、その概要を説明しよう。

◆改ざんしにくいオンライン上の取引記録「ブロックチェーン」

 ブロックチェーンとは、いわば金融関係で用いる元帳のように、オンライン上で実施した取引の履歴(「AがBに●万円支払った」というような)を逐一記録・公開する技術。「ブロック」と呼ばれる取引データが記録された塊が鎖のように連続的につながりながら増加し、そのすべての記録データを、ネットワークでつながった複数のコンピューターで共有する仕組みを持つ。

 ホストサーバーにデータを蓄積する従来の中央管理型のデータベースと違い、分散した複数のコンピューターで定期的に同期し履歴の整合性を取りながらデータを共有、データの記録には電子署名(なりすましの防止や情報の改ざんを防止する技術)を用いることから、全データへのアクセス・書き換え・削除権限を持つ中央管理者を設定する必要がなく、改ざんが極めて困難、かつデータの保全性も高いというメリットを持つ。

関連記事

地域包括ケアシステムの構築を目指し、多摩市と連携協定/UR都市機構

(独)都市再生機構(UR都市機構)は16日、東京都多摩市と連携協定を締結した。  地域包括ケアシステムの構築を目指し、UR賃貸住宅団地において「地域医療福祉拠点化」による多様な世代が、住み慣れた地域で生き生きと暮らし続け […]

詳細を見る