空きスペースの再生プロデュース事業を本格展開

(株)スペースマーケットは、空きスペースの再生プロデュース事業を本格展開させる。

 同社では、古民家、映画館などをはじめユニークなスペースのシェア活用や遊休スペースの収益化などの事業に取り組んできた。これまでも不動産オーナー個人や事業者との協業により、同社が空間プロデュースや運営・管理をする事業を「fika」として展開してきたが、今回、企画・設計から、スペースを運営・管理まで一気通貫で請け負う「再生プロデュース」事業として本格的に取り組む。

 初弾として、不動産投資会社と提携し、東京都豊島区のビルの地下をリノベーションしたシェアリングスペース「FICTION池袋」として、10月にオープンする。

関連記事

フラット35、10月から団信付きに

(独)住宅金融支援機構が取り扱う「フラット35」(買取型)が、10月1日の申し込み受付分から団体信用保険(団信)付きの住宅ローンとなる。  これまで機構団信の加入者は、月々の支払いとは別に機構団信の特約料を年に1回支払う […]

詳細を見る

住宅金融支援機構の理事長を公募

国土交通省は18日、(独)住宅金融支援機構理事長1名の公募を開始した。  応募方法は、2016年12月15日までの期間に、所定の提出書類一式(履歴書、自己アピール文書、返信用封筒2通)を簡易書留扱いで、同省の担当宛に郵送 […]

詳細を見る