空き家の残置物整理サービスを開始

東急住宅リース(株)は、空き家管理支援の一環で、整理業を展開するアールキューブ(株)(東京都大田区、代表取締役:前田義行氏)と業務提携契約を締結。家具・生活用品などの残置物を整理する「空き家整理サービス(あんしんネット)」を開始する。

 同社では、転勤や相続、住み替えなどで使用予定のない空き家を対象に、賃貸管理にまつわるサポートを行なう賃貸管理サービスや、長期不在宅や法人社宅などの所有者に代わり、通風・清掃を行なう留守宅巡回清掃サービスを行なっている。今回のサービス開始によって、家具・生活用品などの室内残置物整理・片付けから家財の買い取り、撤去、解体まで空き家に関するトータルサポート体制を構築した。

関連記事

業法改正に係るインスペクションは「建築士」が実施。新たに講習制度創設

社会資本整備審議会産業分科会不動産部会(部会長:中田裕康・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は26日、29回目となる会合を開き、建物状況調査(インスペクション)の活用等を柱とした宅地建物取引業法改正施行に係るインスペク […]

詳細を見る