育休中社員もiPadでイントラログインを可能に

東急住宅リース(株)は今月から、育児休業中の社員がiPadを利用してイントラネットへログイン、情報を取得できる環境を整備した。

 同社では、女性社員が48%を占めており、異業種女性交流会や役員との座談会など、働きやすい職場環境整備に力を注いでいる。

 休業期間の長期化により、社員が感じる復職への壁の払拭が課題となっていた。そこで対象者がiPadを利用し、イントラネットにログインすることで、会社内情報やメールなどを常時閲覧できるようにした。さらにeラーニングの受講による知識習得もできるという。

 同社では今後も、女性社員の活躍に向けてさまざまな取り組みを進めていく考え。

関連記事

おとり広告。違反繰り返す会社情報共有/公取協・ポータルサイト広告適正化部会

 (公社)首都圏不動産構成取引協議会のポータルサイト広告適正化部会は1日、違反広告を繰り返すなど改善する見込みが低い「不動産事業者情報」を共有し、各構成会社の規定に基づき対応していくと発表した。    同部会は2014年 […]

詳細を見る