育休中社員もiPadでイントラログインを可能に

東急住宅リース(株)は今月から、育児休業中の社員がiPadを利用してイントラネットへログイン、情報を取得できる環境を整備した。

 同社では、女性社員が48%を占めており、異業種女性交流会や役員との座談会など、働きやすい職場環境整備に力を注いでいる。

 休業期間の長期化により、社員が感じる復職への壁の払拭が課題となっていた。そこで対象者がiPadを利用し、イントラネットにログインすることで、会社内情報やメールなどを常時閲覧できるようにした。さらにeラーニングの受講による知識習得もできるという。

 同社では今後も、女性社員の活躍に向けてさまざまな取り組みを進めていく考え。

関連記事

「民泊新法」が閣議決定。上限は180日。管理会社と仲介会社に登録制度

民泊サービスの適正化を目的とした「住宅宿泊事業法案」(民泊新法)が10日、閣議決定した。現在、一部の国家戦略特区や旅館業法の「簡易宿所」での営業などに限定されている「民泊」を一定の条件を付して解禁する。  法案では、民泊 […]

詳細を見る