育休中社員もiPadでイントラログインを可能に

東急住宅リース(株)は今月から、育児休業中の社員がiPadを利用してイントラネットへログイン、情報を取得できる環境を整備した。

 同社では、女性社員が48%を占めており、異業種女性交流会や役員との座談会など、働きやすい職場環境整備に力を注いでいる。

 休業期間の長期化により、社員が感じる復職への壁の払拭が課題となっていた。そこで対象者がiPadを利用し、イントラネットにログインすることで、会社内情報やメールなどを常時閲覧できるようにした。さらにeラーニングの受講による知識習得もできるという。

 同社では今後も、女性社員の活躍に向けてさまざまな取り組みを進めていく考え。

関連記事

4月の建設工事高総計は9.1%増

国土交通省は16日、2017年4月分の「建設総合統計」を発表した。建築着工統計調査・建設工事受注動態統計調査から得られる工事費額を着工ベースの全額とし、過去の調査で得られた工事の進捗率を適用して月次の建設工事高として推計 […]

詳細を見る

「賃貸不動産経営管理士」試験、昨年比約3倍の1万3,149名が受験/賃貸不動産経営管理士協議会

(一社)賃貸不動産経営管理士協議会(会長:末永照雄氏=(公財)日本賃貸住宅管理協会会長)は、「賃貸不動産経営管理士」資格全国統一試験を20日に実施。受験者は、全国29会場で1万3,149名(速報値)、受験率は94.8%に […]

詳細を見る