育休中社員もiPadでイントラログインを可能に

東急住宅リース(株)は今月から、育児休業中の社員がiPadを利用してイントラネットへログイン、情報を取得できる環境を整備した。

 同社では、女性社員が48%を占めており、異業種女性交流会や役員との座談会など、働きやすい職場環境整備に力を注いでいる。

 休業期間の長期化により、社員が感じる復職への壁の払拭が課題となっていた。そこで対象者がiPadを利用し、イントラネットにログインすることで、会社内情報やメールなどを常時閲覧できるようにした。さらにeラーニングの受講による知識習得もできるという。

 同社では今後も、女性社員の活躍に向けてさまざまな取り組みを進めていく考え。

関連記事

「住みたい街」吉祥寺がトップ返り咲き/リクルート住まいカンパニー調査

(株)リクルート住まいカンパニーは7日、「みんなが選んだ住みたい街ランキング2017関東版」を発表した。関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)在住の20~49歳の男女を対象にインターネットで「住みたい街、行政 […]

詳細を見る

家を持ちたい男性の5人に1人が「中古リノベ物件」を希望/ジャストシステム調査

(株)ジャストシステムは10日、「住まいのリフォーム・リノベーションに関する調査」結果を発表した。20歳以上の既婚男女で、本人または配偶者が世帯主の827人が対象。  現在、賃貸物件などに住んでいる人のうち「今後、持ち家 […]

詳細を見る