首都圏賃貸、成約数が2ヵ月連続で増加

不動産情報サービスのアットホーム(株)は21日、同社の全国不動産情報ネットワークにおける2017年8月期の首都圏居住用賃貸物件の市場動向を発表した。

 同月の成約数は1万4,995件(前年同月比5.1%増)で、2ヵ月連続のプラスとなった。うち、アパートは東京都下が同44.4%増、千葉県が同11.7%増と増加。埼玉県が2.3%減となったものの、全体としては11.9%増と3ヵ月連続の増加した。マンションは神奈川県が同6.8%減となったものの、全体としては堅調に推移し、同2ヵ月連続の増加となった。

 新築・既存別成約数を前年同月比で比較すると、新築のマンションは5.7%増で6ヵ月ぶりに増加、アパートは18.8%増で3ヵ月連続の増加となった。既存では、マンションが1.1%増で2ヵ月連続の増加、アパートは11.1%増と3ヵ月連続の増加となった。

 1戸当たりの平均成約賃料は、マンションが9万1,200円(同1.7%上昇)で、4ヵ月連続のプラスに。アパートは6万5,400円(同3.3%上昇)で3ヵ月連続のプラスとなった。
 09年1~12月の各月を100とした賃料指数の首都圏平均は、マンションが91.0(前月比0.9ポイント下落)で、4ヵ月ぶりに低下。アパートも99.1(同1.8ポイント低下)と、再び100を割り込んだ。

 1平方メートル当たりの平均賃料は、マンションが2,635円(前年同月比0.5%上昇)と2ヵ月連続のプラスに。アパートは2,191円(同0.5%上昇)で、6ヵ月連続のプラスとなった。賃料指数は、マンションが94.2(前月比0.9ポイント上昇)と2ヵ月連続のプラスに、アパートは96.2(同0.9ポイント減少)で3ヵ月ぶりにマイナスとなった。

関連記事

6月の建築確認審査日数は22.9日

国土交通省は30日、2017年4~6月分の建築確認件数等及び構造計算適合性判定を要する物件に係る確認審査日数の状況を発表した。  4~6月の建築確認交付件数は14万4,949件(前年同期比0.3%減)、建築確認申請件数は […]

詳細を見る

平成29年度予算、住宅セーフティネット制度の創設、既存住宅・リフォーム市場の活性化など盛り込む

平成29年度予算案が22日、閣議決定された。国土交通省関連予算額は、ほぼ前年度並みの5兆7,946億円。  子育て世帯や高齢者世帯などの住宅確保要配慮者の増加に対応するため、民間賃貸住宅や空き家を活用した「新たな住宅セー […]

詳細を見る