東京都内の新築分譲マンション価格、都民の平均年収の11倍

2015年に東京都内で分譲された新築マンションの平均価格は、都民の平均年収の11.30倍に相当することが、不動産調査会社の東京カンテイ(東京・品川)の調べで分かった。マンション価格と年収の開きが10倍を超えたのは2年連続で、14年と比べて0.69ポイント拡大した。

 都内の15年の新築分譲マンション価格(70平方メートル換算)は、14年と比べ6.2%上がって、平均7086万円と4年連続で上昇した。節税対策や外国人による投資などでマンション価格が値上がりした。一方、同社が内閣府の県民経済計算に基づき推計した15年の都民の平均年収は、2万円下がって627万円だった。

関連記事

6月の建築確認審査日数は22.9日

国土交通省は30日、2017年4~6月分の建築確認件数等及び構造計算適合性判定を要する物件に係る確認審査日数の状況を発表した。  4~6月の建築確認交付件数は14万4,949件(前年同期比0.3%減)、建築確認申請件数は […]

詳細を見る